Jumbo Headline!

Got something important to say? Then make it stand out by using the jumbo headline option and get your visitor's attention right away.

交通事故の疑問は弁護士に相談しよう

もし交通事故に遭ってしまったらどうすれば良いのか?わからない人も多いです。交通事故に弁護士が必要ということを知らない人が多いですが、もしものために弁護士が役に立つということを知っておいてください。交通事故には物損事故と人身事故があります。

簡単に言えば、怪我をした時が人身事故になり、それ以外は物損事故という扱いになります。ちょっとした怪我をしているのに、相手のことを思って物損事故にしてしまう人もいますが、後になってから事故による後遺症が出る可能性がありますので、そのような場合はしっかりと人身事故として届け出を出してください。

どちらが過失があるのか?を決めるのを過失割合となります。この割合の違いで正当な賠償金や慰謝料がもらえないことがありますので、この割合に対して疑問がある場合にも弁護士は役に立ちます。どのような事故だったのかを検証し、そして今までの事故の裁判判例などを参考にして正しい過失割合になるよう交渉もしてくれます。

また交通事故で一番重要なことになるのが慰謝料の問題であり、この額は正当な額ではないことが一般的です。保険会社の都合によって計算されている額を受け取っている人が多いですので、この額も正当に貰うために弁護士は役に立ちます。交通事故の事実は変えることができませんが、細かな点をしっかりと見つめて修正をすることが可能になっていますので、少しでも不満や疑問がある場合は相談をしてみると良いでしょう。