Jumbo Headline!

Got something important to say? Then make it stand out by using the jumbo headline option and get your visitor's attention right away.

交通事故の慰謝料に関して

交通事故の被害者になった時、慰謝料を支払って貰う必要があります。自賠責保険や任意保険に相手が入っているのでしたら、そこから賠償金を支払って貰う事が出来るでしょう。

ただ問題として自賠責保険も任意保険も、納得の出来る慰謝料の提示はほとんど無いと考えた方が良いです。特に任意保険の場合、保険会社はお金を支払いたく無いですから、慰謝料を安く見積もる傾向があります。正当な慰謝料をしっかりと支払って貰う為には、弁護士に頼るのが一番と言えるのです。ただ、交通事故に関してはもっと厄介な問題が存在しています。

それは相手が自賠責保険しか入っていないケースや、盗難車のような保険に入っていない自動車によって被害者にされてしまった場合です。この場合は慰謝料に関しても、納得の出来る金額を提示して貰えない事が多いと言えます。もし加害者が自賠責保険にしか加入をしていないならば、加入している健康保険や労災、そして示談を考える必要があるでしょう。労災では労働基準監督署に第三者行為災害届を出して手続きをすれば良いです。

示談の場合には弁護士と相談をして示談書を作成しなければなりません。その時に強制執行認諾約款付き公正証書にする事で支払いが滞ってしまったならば強制失効をする事が出来ます。口約束では後になってトラブルになってしまう事も多いですし、ただの口約束でしたら不払いの下忍になりますので、気を付けなければならないでしょう。被害者になったらまずは交通事故は弁護士に相談する事をオススメします。