Jumbo Headline!

Got something important to say? Then make it stand out by using the jumbo headline option and get your visitor's attention right away.

交通事故の慰謝料は交渉するべし

よく、法律相談系の番組で慰謝料を請求するといった単語を耳にすることがあると思います。

この慰謝料というものはかなりあいまいなものであり、過去の裁判例などからだいたいの目安はあるものの、この事件はいくらといった決まった金額というものはありません。交渉や状況の説明次第で金額は大きく変わってきます。交通事故でも同様であいまいなものであり、そのあいまいさゆえに、弁護士は金額の増額や加害者側の弁護士であれば減額の為にあらゆる証拠を集めるのです。

交通事故の後遺症の慰謝料でも様々なアプローチがあります。例えば、交通事故に遭ったために毎日苦手な病院に通わざるを得なくなった苦しみや、事故によるケガで1か月入院を余儀なくされ、幼い子供が居るのになかなか会うこともできなくなり、子供がいつも泣きながら電話してくるのがとても悔しくて苦痛だった。子どもが幼い頃はなるべく子どものそばにいる方が良いと思って仕事を辞めたのに、長期入院で仕事を辞めた意味が無くなったなどといったことも、精神的に被った苦痛として慰謝料を主張し、慰謝料の増額を交渉する余地は多いにあります。

専門的なことは難しいし自分で交渉することに自信が無いのであれば、公共団体の主催の弁護士による交通事故無料相談会に足を運び、状況を説明してみましょう。弁護士は多くの交通事故の事件を見てきているので、的確なアドバイスをしてくれるはずです。まず様々なことに疑問を持ち、積極的に情報を集め、行動してみましょう。